偏った断捨離やミニマリズムはメンタル的な拒食症や過食症を起こす?

Sponsored Link

食いしん坊2

僕はあまりにも度が過ぎるというか、偏った断捨離をするミニマリストは「拒食症と同じだ」と考えています。

また同様に、物が捨てられない人やすぐに物を買ってしまうという人は「過食症と同じ」なのです。

			
Sponsored Link

例えば、過食症の人ってストレスから色々な物を食べて、そして食べ過ぎて苦しくなり、それを全部吐いてしまう傾向にあります。

ストレスを抱え、欲望のままに本当は食べたくない物でも食べまくって、胃の中がいっぱいになり、結局は全部吐かないとスッキリしない。

これは物を捨てられない人や物をすぐ買ってしまう人の行動と似ていると思いませんか?

 

そして、これとは逆に拒食症の人は「痩せたい」と思う気持ちが強すぎて、食事をすることに恐怖心を感じて、最終的には食べることに拒絶反応を起こします。

これと同じなのが偏ったミニマリストの人たちです。

彼らは「シンプルであるべき」「物がないことが素晴らしい」と信じるあまりに、何も買えなくなり、必要な物ですら買わなくなる。そして、とにかく捨てないと気がすまないし、落ち着かない。

ここまでくると病的ですよね?

だから、僕はこのブログで「バランスが大事ですよ」というわけです。

 

 

では、どうすればいいかというと、それは「自分の欲望に折り合いをつける」ことです。

例えば「イライラした時や憂さ晴らしをしたい時には物を買わない」とか、ルールをつけるのです。

他にも「自分のためにお金を使う」ということをルール化し、少額でもいいので例えば毎月3000円を自分の好きなものを食べたりするとかを決めます。

そして、欲しい物ややりたいことがそれなりの値段をするなら半年我慢すれば、3000円×6ヶ月で18000円になるので、それを使って買う。

そうやって「自分の感情をきちんと見極める」「マイルールを決めて、お金を使ったり物を買うことを許す」ことで、拒食症や過食症にならないようにすると、極端な傾向には行きにくくなると思いますよ。

===============

オススメ記事をまとめた「ミニマリストへの提言」もぜひお読みください。

あなたは本当のミニマリストを知ることになるかも?(笑)

「ミニマリストへの提言」はこちらをクリック。
 

応援ありがとうございます、更新意欲がわいてきました(笑)
↓ ↓ ↓


Sponsored Link
PVアクセスランキング にほんブログ村
授賞式

コメントを残す