ミニマリストの節約生活は自由だが、100均スキンケアはやめた方がいい!

Sponsored Link

美容05

僕は20代の頃に美容や健康食品の営業をしていたこともあって、男でありながらそっち方面の知識は少しあります。

詳しい女性には負けますが、一般的な女性に比べると知っていることも多いと思います。

メンズスキンケアが一般的になる前から、ガンガン使ってましたから(笑)

 

そんな僕が気になるのが「100均コスメ・スキンケア」です。

もちろん「悪い意味で」ですよ。

			
Sponsored Link

 

 

■男なのにスキンケアに命をかけていたあの頃・・

僕は美容や健康食品の営業をしていたのですが、当然ながら自分でも大量に使っていました。

メンズスキンケアという言葉がまだまだ定着していない頃から、こういうラインナップを使っていました。

・化粧水
・乳液
・朝用乳液
・夜用乳液
・美白乳液
・保湿クリーム

男でこれだけ使うってなかなかじゃないですか?(笑)

 

ちなみにお値段はだいたい1万5000円くらいです。

そこに加えてサプリメントも使っていたので、毎月それなりのお金を使っていました。

でも、自分のとこの製品を使っていないのに営業するのもアレだと思ったので、人体実験も兼ねて使い倒してみました。

美容08

その結果、30~40代の女性からも「男とは思えないくらい肌が白くてキレイ」とよく言われました。

まぁ、インドア派であまり紫外線を浴びていないというのも理由の1つだとは思いますが・・。

そして、そういった女性から「男性でもこんなキレイになるんだから!」と見本みたいに連れ回されたりしていました(苦笑)

 

あと、男だとひげそりで肌にダメージを負いやすいですから、こういったスキンケアを若い頃からきちんとしておかないといけないのですが、まだまだ認知度は低い気はします。

若い子はむしろ気にかけているようにも感じますが、僕くらいの年代の前後だとまだまだ無頓着な人も多いかと思います。

 

 

■メンズスキンケアの人気も二極化している

メンズスキンケアが一般的になってきて、男性が化粧水や乳液などを使うことが普通のことになってきていますが、ここでも二極化ができています。

 

高校生や大学生や新卒社会人などの若い人はどちらかというと「化粧水と乳液が一緒になっているタイプ」が人気みたいです。

手軽に仕えるということもあり、値段もお手ごろなので、手を出しやすいのでしょう。

 

逆にもう少し年齢が上がると、女性用スキンケア商品と同じくらいの価格帯になってきます。

例えば『SHISEIDO MEN』の化粧水なら3000円くらいです。

化粧品

僕は20代の前半からそういった価格帯の商品を使っていたので「スキンケア商品ってそれくらいの値段だよね」という感覚があります。

しかし、今までそういったものを使ってきていない人からすると「こんなものに3000円も・・」と思ってしまうかもしれません。

 

また、「ミニマリスト=節約・倹約」という考え方になってしまっている人の中には、できるだけ安く済ませようと思って、手を出してしまうのが「100均のコスメ・スキンケア」です。

特にミニマリスト的な考え方になってしまうと、そっちに流れてしまう可能性があると思うのです。

 

 

■僕が100均コスメやスキンケアをよく思わない理由

このブログでも何度か言っていますが、ミニマリスト思考が変な方向へ行くと「節約&お金を使わない&安く済ます」となることもあります。

その結果、お金をかけずに使える100均のコスメ・スキンケアとなるのでしょう。

 

ダイソーやキャンドゥなどの100円均一の商品が全部ダメというわけではなく、相性もあるでしょうから使ってみて「肌が荒れた」という人もいれば、「良かった」という人もいます。

最終的には自己判断と自己責任で使ってもらったらいいのですが、少しだけ知っておいてもらいたい話をします。

化粧

まず1つ目は「成分の質は大差はない、ただ量は違う」ということです。

例えば有名メーカーの化粧品でも3000円代のラインと1万円代のラインに入っている成分に大きな差があるかというと、正直なところそこまで大差はありません。

基本の成分は同じです。

じゃ、なぜ3000円と1万円という値段の差が出るのかというと、「効果があるとされる成分」の入っている数や量が違うのです。

 

例えば、ヒアルロン酸やコラーゲンなんかは3000円ラインでもよく見ますが、1万円を超えるような高級化粧品ラインだと「アンチエイジング」「抗酸化」「抗糖化」「細胞の蘇生」などの効果が期待できる成分が入っています。

この理屈から考えると、100均スキンケアには「いくつかの成分しか入っていない」ということです。

まぁ、100均の化粧水は「ただの水」とほぼ同じみたいですけどね、成分的に。

ですので「成分と容量を考えると、実は普通に売っているものの方がコスパが良い」というものも多くあります。

 

次に2つ目ですが、これは「使用感が違う」ということです。

もちろん、人によって感じ方はバラバラなのですが、使い心地としては普通に売っているものの方が自分の肌にあう可能性が高いです。

ベタベタしたり、すぐ乾いてしまうというのは、100均の方が多い気がします。あくまでも個人的な体験ですが。

 

3つ目は「安心感を買う」ということ。

普通のものなら美容部員の人にどういうのが合うか相談できますし、もし何かあっても質問やクレームも本社に問い合わせることができます。

しかし、100均のものならダイソーやキャンドゥに問い合わせても、満足するような返答がないような気がしなくもない。

 

例えば、あなたが女性だとして、肌が荒れたとして友達に愚痴ったとしましょう。

その友達に「どこの化粧品を使っているの?」と聞かれて「ダイソーのやつ」と答えたら、「そりゃ仕方ないんじゃないの?」と言われるような気がしませんか?

僕が同じ質問をされたら、そう答えますね(笑)

叱る

他にも色々とありますが、僕が100均コスメやスキンケアをあまり好ましく思わない最大の理由が、「必要なものは自分の体と健康」と考えているからです。

「不必要なモノを捨てて、必要なモノだけを残そう」というのは物質的なものだけではないはずです。

そして、最も必要なものの1つに「自分の体の健康」というものがあったなら、体に入れるものや体に塗るものも、きちんと選ぶと思うのです。

 

そして、僕は「極端に安いものには何かある」と考えているので、やはりある程度は相場の金額のものの中から、良いものを選びたいのです。

もちろん、これは僕の勝手な考え方ですけれど、例えば「牛肉100g、200円」と「牛肉100g、50円」なら、あなたはどっちの牛肉を買いますか?

僕は「牛肉100g、200円」を買います。

もし「牛肉100gで50円でも気にしないよ」という人は、100均コスメやスキンケアをすればいいと思いますが、僕はちょっと無理かな。

 

 

では、ミニマリスト的にはどういったスキンケアの仕方がベストなのでしょうか?

それについては長くなったので、次の記事でお話します。

失敗するミニマリストのスキンケアとは?これ1つで解決のシンプル美肌術!

 

===============

オススメ記事をまとめた「ミニマリストへの提言」もぜひお読みください。

あなたは本当のミニマリストを知ることになるかも?(笑)

「ミニマリストへの提言」はこちらをクリック。

応援ありがとうございます、更新意欲がわいてきました(笑)
↓ ↓ ↓


Sponsored Link
PVアクセスランキング にほんブログ村
授賞式

コメントを残す