金持ちミニマリストと貧乏ミニマリストでは「お金との関係性」が違う

8785445626_587fdac14d

ミニマリストは「不必要な物は買わない」という行動から、他人から見ると「ケチだ」とか「無欲だ」と言われる傾向にあると思います。

確かに消費行動は控えめになるので、「遊びに行きたい」「飲みに行きたい」「旅行に行きたい」「車が欲しい」「ブランド物が欲しい」と連呼しているような人からすると、「何が楽しくて人生を生きているのだろう?」と不思議な目で見られることもあるでしょう。

それはそれで「他人なんか気にするな」と僕も思うのですが、1つだけ注意してもらいたいことがあります。それが「お金との関係性」です。
「金持ちミニマリストと貧乏ミニマリストでは「お金との関係性」が違う」の続きを読む…

成功するミニマリストと失敗するミニマリスト、その違いは自己投資?

8969238509_9dd75514ed

僕はミニマリストの定義を「ミニマリスト的な生き方=不必要な物をなくして、余らせたエネルギーを自分の人生をより良くするために使う」という風にしています。

つまり、ミニマリストとして不要な物を捨てていくというのは「準備段階」「準備運動」なのです。

その準備にばかり力を注いでいる人を、別の世界では「ノウハウコレクター」と言います。
「成功するミニマリストと失敗するミニマリスト、その違いは自己投資?」の続きを読む…

シンプルライフが抱えるリスク-ミニマリストが弱者になる理由-

9547808574_734a2263c8

 

ミニマリストが落ちる落とし穴の1つに、「不要な物を捨てることで執着を手放す」はずだったのに、いつしか「最低限の物しか持たないことに執着する」ようになるというものがあります。

つまりは、いつの間にか「目的」が変わっているということです。
「シンプルライフが抱えるリスク-ミニマリストが弱者になる理由-」の続きを読む…